突発性難聴の治療
突難ネットワーク

 

突発性難聴の治療で一番大切な事は”早期治療”です。

このことは当院での鍼治療においても言えることです。

副腎皮質ステロイド治療や高圧酸素療法など病院での

治療中でも鍼治療は効果があり、より早い時期での治療

開始が早期回復の第一歩です。

 

■早期治療が完治への近道


早期治療が大切であることは、どのような病気でも言えることです。突発性難聴は特に早期治療が重要です。「このまま少し様子を見よう」と病院にも受診せずにいることは、回復するために一番大切な時間を減らしていることになります。「様子をみる」というのは何もしないでいるのではなく、「最善を尽くした状態で経過を観察する」ことを意味するのです。耳の具合が悪いと感じたら、まずは病院へ行きましょう。そして今の状態を知り、出来るだけ早く治療を始めましょう。それが早期回復の近道です。

■後悔をしないということ


「もっと早く治療していれば良かった」「もっとシッカリと治療をしておけば良かった」など後悔をして頂きたくないのです。「必ず治る」とは申し上げられません。しかし、可能性が高い時にできるだけ、最適な治療をしていただきたいと思うのです。時間の経過と共に治りにくくなり、何らかの症状残す事が多くなってしまいます。ですから、病院の治療と並行して鍼治療をすることは回復力を強めますし、投薬治療の効果を妨げることはありません。早い段階で鍼治療を開始することは、早期回復につながると考えております。

 

■鍼による施術


内観

  鍼は突発性難聴に有効であると考えています。鍼の適応疾患は数多くありますが鍼の打ち方や熟練度で効果に大差がでます。また、鍼の打ち方も一人ひとり違います。それでは本当の意味で鍼が有効かどうかがわかりません。また、突発性難聴という病気に罹り不安も大きく、何をされるのか分らない鍼灸を受けることはとても難しいと思います。しかし当院で受けていただく施術は、「突発性難聴ハリ治療ネットワーク」で統一された共有の知識、技術によるものです。ですから、私達は同じ考え方、同じ仕方で施術にあたりますので患者さんは安心して施術に専念していただけます。

もちろん患者さん個人の身体に合わせて微調整は致しますが、基本的施術法は変えません。なぜなら突発性難聴に対する鍼の効果を確かなものだと分かっていただきたいからです。 「たまたま効いたのでは?」「鍼をしなくても治ったのでは?」という懐疑的な問題を解決したいからです。

 当院で行っている鍼灸施術は突発性難聴の、ひいては突発性難聴だけでなく多くの難聴施術のファーストチョイスとして選ばれる施術法だと考えています。

 そのために、より多くの突発性難聴で苦しむ患者さんを助けることで、より信頼のおける治療法の一つだと確信していただきたいと思っています。これからも、より安全で安定した施術効果のある鍼灸施術を目指して、益々精進して参ります。

 

■当院の鍼治療


 当院での鍼治療は患者様にリラックスして頂けるように心がけております。突発性難聴の原因は不明ですが、ストレスが一因である可能性は高いと思われます。ひと言にストレスと言いましても、悪いストレスから良いストレスまで様々です。その方その方で違います。ともあれ、何らかのストレスが関係していると考えられます。その様な状況で、鍼治療が痛く、辛いものですと身体の回復力が十分に得られず、治療効果が発揮されません。そういった意味で当院の鍼治療は時間に余裕を持たせ、出来るだけリラックスしてお受け頂けるように心がけております。

 

■時間の経過


 当院では突発性難聴が発症してから時間が経過している方も多くいらっしゃいます。6ヶ月や1年経過している方も来院されています。なかには20年、30年前に発症したという方もいらっしゃいます。治療効果は早期治療と違うため、時間がかかる場合が多いのですが、辛い症状が軽減・消失していく方も多くいらっしゃいます。

 諦めず、根気よく治療をすることで日常生活がとても楽になります。

 

■「突発性難聴ハリ治療ネットワーク」とは


当院では突発性難聴ハリ治療ネットワーク加盟しております、突発性難聴でお悩みの方々がいつでも安心して効果の高い鍼灸施術を、早期に受けることができるように一掌堂治療院を中心に設立されました。